忍者ブログ
Admin | Write | Comment

意識他界系女子(笑)

薬ではなく愛をください。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

オシャレに生きることができないなら、せめてオシャレに死なせてください。

今現在、自殺したくて仕方ありません。
お泊り会、楽しかったはずなのに。
どういう理由でこんなに死にたいのでしょう。私自身にもわからないのだから、他の人になんてわかるわけありません。
メンタルクリニックに行ってきたのに気分は晴れません。たいして話は聞いてもらえず、
先生「最近どう? 冬休みはどうだった?」
私「家族とも揉めずそこそこのお正月だったと思います。ただその間にツイッターで理不尽な攻撃を受けたり、Facebookでも仲間外れみたいなものに遭ったりして不安定にはなりました」
先生「ああ、そうなのね。じゃあいつもと同じようにお薬出しますから。次はいつにしようか」
私「……来月の●日、□曜日で」
……大体こんな感じです。診察時間約三分。気が晴れるはずありません。心療内科とか精神科ってずいぶん適当ですよね。光トポグラフィーくらいしかまともに信じられないんじゃないでしょうか。

たぶん今更になってあれは迷惑じゃなかったかなとかこれは後片づけするの嫌だろうなぁとか、いろいろ考え込んでしまっているからだと思います。親しき中にも礼儀ありというのに。
友達という関係に甘えてしまっている自分が恥ずかしいです。ただただ生きていることが迷惑なので早く死んだほうがいいと思います。自分に自信がありません。かわいくない自分に価値はありません。私に色恋沙汰なんて高級品、贅沢品でした。

幻聴(?)が酷くて、死ねとか消えろとかお前の存在が迷惑とか、そういう批判的な自分の声がうるさくてうるさくてうるさくて仕方ありません。とにかくアーバンギャルドを聴いて気をそらしていますが、この後お風呂に入るあたりで一人発狂すると思います。

……次にもしも自殺を決行するなら、練炭か首吊りがいいです。
ここ数日タバコを吸い続けていて、あのヤニクラのような感覚のまま死ねるなら最高じゃないかと思って。ヤニクラも軽い一酸化炭素中毒ですから。ああいう感覚に包まれて死ねるなら最高だなぁ……。練炭というと集団自殺というイメージがありますが、私は人間一人で生まれたのだから一人で死ぬ方がいいなと思います。知っている人ですら裏切るのに、見ず知らずの重大な自殺の機会を邪魔されたらたまったものではありません。車も持っているので決行するならぴったりですね。七輪や練炭もアマゾンなんかで買えるから手に入りやすいことでしょう。死体は薄いピンク色で、眠っているように綺麗だそうです。これも素晴らしい点ですね。

首吊りは致死率がやはり高いのが魅力的ですよね。ロープさえあれば実行できますし。
ただやはり、首を吊るのは恐怖心がすごい。ヘタにやると後遺症が悲惨で、植物状態もしくはそれに近い状態で再び自殺もできずに生き続けるしかないそうです。
まぁ首の骨を折る勢いでやらないとだめでしょうねぇ。確か吊ってから30分もあれば完遂できると聞いたことがあるので、家族の様子も把握しておかないとまずいでしょう。あと死体が汚いとは聞きました。穴という穴からあれこれ出てきちゃうとか。発見者のショックがものすごいでしょうね。そんなこと考えるなら自殺するなよって話ですが。

死ぬなら絶対にワンピースです。それかジャンスカ。思い切り、舞台メイクのようにがっつり化粧をしてからがいいです。
オシャレに生きることができないなら、せめてオシャレに死なせてください。

「首吊りは苦しい」だの「練炭は楽に死ねない」だの、ネットで検索すればたくさんの情報はあふれ出てきます。
私としたら楽に死ねるならそれに越したことはないが、多少苦しかろうが今後の人生における苦しみに比べたらだいぶマシだろうという思いです。

生きていくのは不安で、でも死んでいくのも怖い。そんな夜です。
PR
  

プロフィール

HN:
のい
Webサイト:
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
アニメ(おそ松さん、黒執事、デュラララなど)・音ゲー(BEMANI系)・乙ゲー・料理・猫カフェ巡り
自己紹介:
よろしくお願い致します。
ツイッター
@rinri_nai000

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

カウンター

Copyright ©  -- 意識他界系女子(笑) --  All Rights Reserved

Design by CriCri / photo by Gaenseblumchen / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]