忍者ブログ
Admin | Write | Comment

意識他界系女子(笑)

薬ではなく愛をください。

クインテットを奏でて

えー、前のブログで肺炎になってしまえと書いていましたが本当に肺炎になりました。
あの後どんどんと咳が出て眠れなくなってしまい、観念して病院に行ったら喘息と肺炎と栄養失調と普段の疲労&ストレスが素敵なクインテットを奏でているとのことでした。

血液検査で炎症反応が3出てるとのことだったので、細菌性の肺炎という診断をいただきました。まぁぶっちゃけ細菌感染であろうという予測はしてましたけど。
しばらく点滴してもらってお薬も出されたの飲んで、今はそこそこ落ち着いています。大学ももうガイダンスが始まってきているのでさっさと完治させたいものです。

咳き込んで眠れない時の夜というのは酷く憂鬱で長くて、本当に嫌なものです。隣ですかぁーっと寝ている母親を見ると殺意さえ覚えます。結局この苦しさをわかってくれる人なんて誰もいません。毎晩毎晩一緒に夜を明かし愚痴を聞きながら背中をさすってくれる聖人なんてそうそういないでしょうから、それも当然だと思いますが。一人で苦しい苦しいと咳き込みながら夜が明けるのを待つしかないのです。

肺炎や喘息の症状自体がつらいのは当然ですが、薬の副作用もそれなりにつらい部分があります。便秘とかならまだ許せますが、どうしようもないイライラ感や気持ち悪さ、しつこいこむら返りなんかはつらくてつらくて治療をやめたくなります。それでも我慢して治療受けてますけどね……。
ちなみにこれで5キロくらい痩せました、咳ってすげぇ。

ところで、喘息で身体障碍者手帳が取れるようだとの話を聞き、申請のために動き出しました。が、どうも毎日のように酸素吸入をするほど相当重くないとダメだとかそうでなくても大丈夫だとかいろいろ情報が錯綜していて困惑してます。
何とか取れたらいいなぁと思いますが……。申請以前に資料集めが大変なんですよね。この時点で挫折する人多いんじゃねぇの……。かかりつけの先生はこの申請書をかけないので、以前入院した病院の先生に書いてもらうことになりました。
でも、この先生結構キツいというか怖いというか融通が利かないというかであまり好きじゃないんですよねぇ。うまくいくことを祈るしかありません。

それから履修申請は資格必修を入れたらフル単になったのでそれで行きます。ゼミは入るかどうか迷いましたが、一年の頃から仲良くしてもらっている先生のところにお願いのメールを出しました。すると先生自身は大歓迎してくれるとのことで、正式申請の際に他のメンバーなどを見て雰囲気が大丈夫そうならおいでと言ってくれました。ありがたい限りです。診断書もいただいてありますから、遅刻欠席途中退席も多少は甘く見て貰えることでしょう。

ぶっちゃけ、この苦しみがずっと続くなら死んだほうが得じゃないかという考えが頭をよぎります。
喘息は一生治りませんから、煙草もお酒も猫も本当はダメです。無理のきかない身体を引きずり、楽しみもないこの後の人生を生きていくのは嫌です。いつ発作が起きるかと怯えながら暮らすのは耐えられません。しかもこの苦しみをわかってくれる人はいないときました。
将来のことを考えても死んだほうが得だと思うんですよね。
今世は失敗でした。早く死んで来世に期待したい。来世は飼い猫に生まれ変わりたいです。
PR
  

プロフィール

HN:
のい
Webサイト:
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
アニメ(おそ松さん、黒執事、デュラララなど)・音ゲー(BEMANI系)・乙ゲー・料理・猫カフェ巡り
自己紹介:
よろしくお願い致します。
ツイッター
@rinri_nai000

カレンダー

12 2018/01 02
S M T W T F S
2 3 4 5
9 11
14 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログ内検索

カウンター

Copyright ©  -- 意識他界系女子(笑) --  All Rights Reserved

Design by CriCri / photo by Gaenseblumchen / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]